<< 楽しいと思うこと | main | 人生観が変わる!! >>

コミニュケーションの偏差値

昨日は、素敵な講演を聴いてきました。
大阪のニット製造メーカー 三恵メリヤス蠅了位攫卍垢任后
現在、ニットアパレルの95%が海外輸入の中で、国産製造
メーカーとして、生き残りをかけて挑戦する姿に、凄い
ひたむきさを感じました。
廃業・倒産などの危機を乗り越えてきた様子を三木社長は、
絶妙な大阪弁で、その様子を語られました。
大阪弁の持つ、笑いの偏差値の高さにも感心しました。
社員や取引先との生々しいやり取りも、大阪弁で聞くと、
なんとなく、面白おかしく、暖かいイメージで捉えることが
出来ました。大阪人気質を見たような気がします。

ちょうど、USJのイメージソングで、ドリカムの大阪ラバーという
曲をよく耳にします。大阪人以外の人にとっては、つかめそうで
つかめない絶妙なバランスに、振り回されながらも引かれていく
様子が面白いです。

| 私のこと | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.inukaisr.com/trackback/516713

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM